鳥になった日々

久々にブログを書いてみる天使です。(花詩歌タカラヅカしいては、ノバ・ボサ・ノバについて知らない人には意味がわからんかも知れない文章です)

天使は思った。あとは、このシーンで、逢坂夕陽先輩の歌声に乗せてダンスを踊れば、ラストシーンの鳥に着替えるだけ。さあ!警官たちよ、殺人を犯した私を舞台に連れて出るのだ!

って、警官たちよ、おらんやないかい!なに次のシーンの着替えに行っとるんやー!

舞台袖から楽屋に向かって叫ぶも、警官2は戻ってこず。仕方なく呼び止めれた警官1を引き連れ(いや、犯罪者が引き連れてどうすんねん)、舞台へ。(早よせな、夕陽先輩の歌が終わってまうし)と、舞台上にでると、居るはずのボーロ(笑福亭松五兄貴)がいない!ボーロもラストシーンの鳥の衣装が着づらいため、鳥になることしか頭にはなかったらしい。

いや、そら、私、このシーン歌わんし、私がでなくとも、夕陽先輩が歌ってるからええんやろうけど!

けど、私の読み取った『ノバ・ボサ・ノバ』という物語は、それぞれに縛られているもの(わかりやすいとこでいうと、エストレーラとソーロの身分違いだから叶わなかった想い)から、自由になり飛び立つ、そこに、サンバしいては人が踊る意味があると言っていると思ったので、あの物語の中での、あのシーンはめっちゃ大事やと思ったのです。

ボーロが警官に連れられた私を見つけ、ソーロ(主人公。夕陽先輩の役)に伝える。そして、ソーロがボーロにお金を渡し、警官に保釈金として献上。私は釈放。というシーンが、初日は、ボーロの不在と夕陽先輩がお金の入ったポケットを舞台袖に落とすというアクシデントが重なり、ソーロが勝手に手錠をはずす(しかもロープも手錠もなかった)、よくわからないシーンに…。
初日打ち上げで、すぐにDVDを見て反省をし、次の日の対策を夕陽先輩が練ってくださる。
私も家へ帰り、早速、ボーロの持っていた鷹の模型(あのシーンで、ボーロが鷹の模型を持っていると言うのも絶対意味があるはずだ!)をアマゾンの段ボールでこしらえ、歌の復習と落語の稽古をして翌日に。

翌日は二日目にして千秋楽。もちろん、自分の踊りが笑われるのは想定内の上で、自分の中であのシーンをかなりの再現率を保てたのが嬉しかったし、誰からも評価されなくても自己満足のために生きるべきやな、と強く思った。

こないだ「周りから、評価されないと嘆いてる人は、おもしろないから評価されへんのに、それに気づいてない」と、誰かが言うてたけど、ある意味真実で、ある意味間違ってると思う。売れるのが運と言うなら、出会う人と周りの環境でだいぶ変わるんちゃうんか。

ただ、今回思ったのは、ネットで落語下手と書かれてようが、音程が外れて貶されようが、勉強会の開演は7時でお願いします言いながら全く来ない人に腹たてようが、予約したのに忘れてるのか来ない人がいようが(←これは敢えて書いてます。もう、そんなお客さんに未練はないけど、他の人にはやらんといてね♡いう意味で)、どうでもええねや、私は自分の納得いく舞台ができたら、と思った。そう、そんなことに縛られることから、ノバ・ボサ・ノバしたいんや。

ツィッターに、面白いと思ったら笑ってください、面白いと思わなかったら笑わないでください、と書いたけど、ホンマに、いいね、と思わなかったら、いいね、としなくて良いしね。

そりゃまあ反応あるのは嬉しいけど、そんなことより、落語会来てほしいし。
というか、あなたに必要な落語ができるようになりたいし、面白い落語会を開催します。けど、お客さんが集まってくれますように。それは大事。

サンバ!

 

ここんとこの日々ー完ー

と言うわけで、あっという間に四月が過ぎ去っていました。
よく『一月は行く、二月は逃げる、三月は去る』言うけど、四月は知らん、言うぐらい、知らん間に過ぎ去ってて。

前回の記事で、変にお気を使わせてしまった皆様、申し訳ございません。けど、暖かいお言葉ありがとうございました(*´-`)
芸人たるもの死んでからも芸人たれ、という言葉がありますが(ほんまか)、お客様に舞台を楽しんでもらうには、やはりマイナスなことは言わん方がいい、と私も思います。
こないだの記事は、私、大変だったんやでぇと言うつもりのやなくて(実際、舞台に上がって喋ると、目の前のお客様に意識がいくので、色んなことは忘れて喋れるのです。というか、逆に思い出してしまうと喋れなくなるし)、そんな風に自分の気持ちを抑えて舞台で楽しそうにし、舞台を降りてからも誰にも言えない状態でいた時、ふと、「あ、なんか、今、ヤバイな」と思うことが多々ありました。
イメージは、でかい湖の上で、私一人ボートに乗って浮かんでいる感じ。周りには誰もいなくて静かで、湖は凪いでいる。多分、この湖はめちゃくちゃ深い。それを想うと身体が竦むし、もしかしたら、湖の主みたいなんがドワーっと出てきて、呑み込まれるんやないか、みたいな気もする。けど、それは確かじゃないし、今は特になにもないから、どうしようもないけど、なんかめっちゃ怖い、みたいな。
名越康文先生が「鬱というのは、車のアクセルとブレーキを同時に踏んでる状態」と書いていたけど、おー、もしかして、これか!と。
舞台では思い出さなくても、舞台から降りると思い出すし、でも、打ち上げでは水をさせないから言えないやと我慢→帰ってきてから色々と考え、毎日の稽古ができず、フラフラなままで舞台に上がる→高座を反省して、余計に落ち込む、のような日々でした。

それでも、私が、なんとか岸に戻らな!と思えたのはお客様が笑ってくださったり、応援してくれはったお陰なんですが、これ、もし会社で働いてて、こんな状態やったら、無理したり、友達とか誰にも言えなくて溺れたりするんちゃうやろか?と思いました。

だから、もし、ブレーキとアクセル踏んでるのに気づいたら止まってください。

もし、なんや知れん怖さを感じたら、急いで安全な場所に行ってください。

同じような気持ちで生きてる、同年代(いや同年代じゃなくても)、女性(いや、同性やなくても)が、もし居るとしたら、逃げていいし、いや、むしろ逃げよーぜ、ということが言いたくて、前回からの長い長い文章となりました。

信頼する友達や先輩方はいるけど、好きやからこそ、こんな面倒なこと言うてええんかなと思ってしまうのもわかるし、逆の立場で、なんで言うてくれへんかってん、と思うのもわかる。悩みに悩んで、ただ笑てくれてたらよかったなぁ、みたいなことから始まった今の生活なので、これからも、自分が落語会をやることで、誰かの、何かの足しになればいいな、とか。そんなことを記しておきたかったのです。

あと、もう一つ。
みんな、人間ドックは行ってくださいね。(年末の、湯豆腐と歌の会のテーマは、これでした)
見つからないこともある?
そんなん、わからんし、あとで、受けとけばよかった、と思うぐらいなら、受けた方がいいはず!

そして、私と生きのびて、できるだけ、一緒に笑ってください。

これからも、ヨロピク。

今年の、はなしか宝塚ファン倶楽部は、『風とともに去りぬ』。ベル・ワトリングを演じました。

ここんとこの日々ーその1 岡町の日。

書くべきか書かぬべきか、ずっと悩んでいたんですが、宝塚ファン倶楽部は控えているものの、グランプリ予選も終わり、少し余裕もできたんで、誰かに読んでほしいのもあるしで、久しぶりにブログを書きます。
二月末に兄が亡くなりました。
闘病中というのもあり、いつかは…と思てましたが、朝方、呼吸困難になり、そのまま病院で息を引き取りました。朝、病院から連絡があり、父が病院に走り、その父から連絡をもらって私も病院に行きました。
そういう時は、できればその日のうちに病院を出なあかんらしく、混乱している両親に代わり、葬儀社へ連絡し、霊柩車で迎えにきてもらう段取りをし、昼から仕事だったため、一旦家に帰り落語会へ向かう。その日は、演者に寄り添って楽しもうとしてくださるお客様ばかりの暖かい雰囲気の会でして、これ、スベってたら、舞台おりた瞬間、絶対号泣やったなと、呼んでくださった師匠のお人柄や主催の方々に感謝しました。
翌日も落語会でしたが、お通夜のつもりやったので、打ち上げは失礼します、と呼んでくれた先輩に連絡していたものの葬儀社の都合で翌々日に。この日も、めちゃ良いお客様( ; ; )
お通夜葬儀はこじんまりと家族葬で行い、兄の友人、ご近所の方や父の仕事関係、親戚やいとこが参列してくれました。ただ、さすがに父や母の号泣は見ていて辛かったです。
生きとし生ける者、必ず、その瞬間が来るのは仕方ない事ですが、あまりにも唐突すぎたし、闘病生活に入り、どんどん痩せ、感情もコントロールできない時があった兄が、最期の瞬間、病院で一人寂しくなかっただろうか、哀しくなかっただろうかと考えると居た堪れなくなりました。もっと優しくできたんちゃうやろうかと後悔してます。
兄のお通夜と葬儀が終わり、御礼や色々な手続きの合間、笑女隊公演の稽古と本番でバタバタしていると、今度は愛猫のきなこが高齢による腎不全で亡くなりました。年齢も年齢でしたが、いつもオヤツをくれる兄が居なくなったことに猫なりに何かを思ったのか、それは分かりませんが、正直、ショックすぎて…。翌々日、動物霊園でお骨にしてもらい、家に連れ帰ってきて何とか少し落ち着きました。三月は主催の会もあったし、東京でも勉強会あったり、結構、忙しくて、何事もなかったかのように(きなこの事だけ、落語会とラジオで言うたけど)、楽屋入りし、舞台で喋って、何事もなかったかのように打ち上げで笑う毎日。
その合間に、兄の携帯電話を解約したり、ローンが残ってた車の車検が、4月中旬で切れるので、名義変更せなあかんかったり、契約してるカードを解約したり、精神的ダメージだけやなく、肉体的にも結構ハードでした。
携帯の解約も車のことも、もっと簡単に出来ると思ったのに、なんてややこしい世の中やねんと思う。
携帯電話の解約は、とりあえず死亡診断書が必要と言われ、病院で発行してもらい持っていくと→wifiも一緒に契約してるから、wifiの番号がわからないと解約できないと言われる→いや、wifi使てたことも知らんのに番号なんか分かるかい!→個人情報やから、戸籍謄本がないと調べられない→戸籍…父親の籍のままやから、徳島にあるんですけどー…→その日は、末日やったから、結局、解約間に合わず…(しかも、このやり取りの前に、受付番号もろて、1時間半待ってるし)→後日、徳島市役所に送ってもろた戸籍謄本と死亡診断書を持って、docoモ行くと、違う担当者が戸籍謄本無しで解約の手続きをしてくれる。ちゅうか、なんやってん⁉︎あの日の非解約は!!となったり、
郵送で送るシステムのDVD解約は、解約したいと電話で言うと、兄が支払ってるカード会社の番号がわかるなら、ネット上で解約できます、と。番号なんか分かるかい!いや、名前と住所と電話番号わかってるねんから解約できんひんのかい?勝手に契約されてお金払わないかんかったらあかんけど、勝手に解約されてても、また契約したらええだけやねんから、何があかんねん!と、ちょっとごねて、電話口で解約できることになる。

いや、なんやねん!ほんま。こっちは悲しみにくれとんねん!と思う。

長くなったので、とりあえず、続く。

東京のお優しいお方〜♪

来週の土曜日です〜。

主催公演です!
主催だから、というか、音助さんと二人でやるので、たくさんの方に来て頂きとうございます。
どうしたら、人気って出るんだろうね!!w
とりあえず、音助さんのために、エールを切りますよ。お客様にも、エールを送ります。
龍谷大学のサークルでは、たいていのサークルがやっていたエール、
☆4月16日(土)18時半開演『天使・音助二人会』/神田連雀亭(〒101-0041 千代田区神田須田町1-17加藤ビル2F・地下鉄淡路町駅徒歩3歩2分、地下鉄神田駅徒歩4分)/天使、雷門音助/前1500円、当1800円/問:OFIICE104 tsukiteitenshi@gmail.com 06-6333–4800

アニバーサリー

2月15日で、一応、丸6年になりました。
素人に毛が生えたような事しか言えねー私が、なんとか、6年も生きてこれたのは、応援してくれる方々、先輩諸氏、そして、落語という芸、そのもののお陰です。
ありがたやー。

この頃、想うのは、舞台で覚えた事を喋るだけじゃないのがプロなのかな、と。

自分の勉強会でやった『七度狐』。
セリフ飛ばしたり、なんやかんやあったけど、その場で喋ってる感がすごく楽しくて、また、そういうとこがウケると、より楽しいな、と思いました。

意外と真面目なんで、大変ですのよ。ボケるの(^^)

20160223-022517.jpg

波波。

こっちで言うことはないけど、東京の新作落語の会では話してしまいそうやね。

私ゃ、並々でない想いで、ここまで来てますの、と。

可愛子ぶるためじゃないのよ、と。

以上。

愉しみでやんす。

4月15日千葉で春風亭吉好兄さんの会(夜)
16日連雀亭で雷門音助さん(龍大卒同士)年季明けおめでとうの会(18時半開演)
17日朝練二扇会で講談の神田松之丞兄さんとご一緒させてもらうお江戸日本橋亭の後、夜は瀧川鯉八兄さんと新作落語をらくごカフェで。

20160211-002115.jpg

避ける。出逢う。投げる。

去年の九月にお仕事を頼まれてから、ずっと楽しみにしていた、一週間が過ぎました。

あー、楽しかったな。

いや、日常も楽しいことばっかりなんやけど、自分は旅行してないけど、旅行したみたいな楽しさ。
そして、一抹の寂しさ。
その国は、なくなる事ないやろし、また、すぐ行けるかもしれないけど、その時間と同じ時間って、もう過ごせないもんね。

また、進んで行きましょかー。

いやー、ほんと、若さとか容姿が良い方がチヤホヤされる世界やねんけど、影の努力とか分かって頂いてる方がいたりして嬉しかったな。

けど、逆に私、この年齢でよかったんじゃん?とも思う。
だって、もっと若いと、モテすぎて困っただろうな。
あの…これ、ほんとに思ってるから(*^_^*)
若い時は、色白くて、一生懸命で、気が効くから、多少の造形の悪さはチャラにできたのよ。

というか、今、人生で二番目に体重重いわ。
兄さんがエステ行きなさい、と言ったので、エステ行きます。
ただ、私の予言としては、60歳あたりが、自分の一番、可愛い時やと思うのだなー。

て、なんの話や。

自己肯定、大切!

20160208-015857.jpg

20160208-015935.jpg

拝啓 二十代の君へ。

さんくす寄席、150回記念会の鳴り物に呼んで頂きました。

今日も、めちゃくちゃ楽しい打ち上げ\(^o^)/

あの日、合格者数を間違えて計算した龍谷大学哲学部哲学専攻に感謝。

一昨日のタニマチでの『H亭の怪人』のように、私のしょうもない落語で笑ってくれて、まだ、この世界で生きたってもええか、ええか、ええのんか?思てもらえたら、嬉しいです。

これからも宜しくお願い致します🎶

20160131-234051.jpg

バルス_| ̄|○

昨日から、買ったばかりの品物を地下鉄のトイレに置き忘れて無くすは、使い捨てコンタクトを開けたら、勢いつきすぎて中身どっかに飛んでいくわ、足袋忘れて新しいの買うことになるわ、しかも、ちょっと大きいわ、なんか、ちょっとずつ運がない。

いや、今年はいってから、少しずつ、流れ出してる気がするー。

うーん。

今年はめっちゃ上昇気流に乗るはずなのに…。
とりあえず、要らないもの捨てましょか?

20160128-213640.jpg

書初めた!

今年は、
無我夢子(むがゆめこ)!

20160109-023137.jpg