現在、主に上方落語家が配信しているyoutubeなど

全く誰からも頼まれてないのですが、私の知る範囲で、現在、ユーチューブにて何かを発信している落語家をまとめてみました。

(注意)

*順不同です。(順番に、他意はないです)

*「載せないで」と言う方がいらっしゃいましたら、tsukiteitenshi@gmail.comまでご連絡ください。

*ちなみに個人的な感想です。

*コンテンツがないチャンネルは載せてません。

2020.3.28現在の状況です。

 

天満天神繁昌亭(上方落語協会)

現在(2020.3.28)繁昌亭昼席が休演のため、14時〜15時まで毎日ライブ配信中です!

https://www.youtube.com/user/hanjotei

 

米朝事務所

米朝事務所所属の落語家が落語ではないコンテンツを配信中。

https://www.youtube.com/channel/UCuZzoowQpxJRDB2LNfHlQJw

 

 

此花千鳥亭テレワーク寄席

旭堂小南陵師がDIYで作った講談の寄席小屋・千鳥亭から、講談・落語・大喜利をライブ配信。

https://www.youtube.com/channel/UCDThikpPR9ogHsNXWp7p1RQ

 

よしもと落語

よしもと興行に所属する落語家の落語を配信。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLddz9yMjsuVwm4xsHTWjS-JZJrGovYbpo

 

松竹芸能テレワーク

松竹芸能に所属する落語家の落語・大喜利等を配信。

https://www.youtube.com/watch?v=OHZD-iXw6V8

 

 

月亭天使

私の弱小チャンネルです。登録お願いしまーす。現在は、師匠のCMと繁昌亭のCMのみ。

https://www.youtube.com/channel/UCCXFzznopAeoa-bdZ6YiuUQ

 

桂紋四郎・テレワーク落語会

テレワーク落語会の発起人みたいな桂紋四郎くんのチャンネルです。落語をライブ配信。本人の落語や歌の動画もあり。

https://www.youtube.com/channel/UCs3pcwMhv8ADlWQifMz1azA

 

『日常のふりかけ』笑福亭鉄瓶

落語会の裏側等、普段の鉄瓶兄さんの動画がアップされています。今後、どうなるのか楽しみ。

https://www.youtube.com/channel/UCeAB02fYVTIIXdevlWm2Njg

 

笑福亭喬介

上方落語界のスピルバーグ・喬介兄さんのyoutube。企画・演出・編集が楽しいです。

『彦八ライダー』等の映像は繁昌亭のチャンネルにあります。

https://www.youtube.com/channel/UCKorfteE9t_sU-IGAh-XqIA

 

いしまつch・森乃石松

よく、楽屋で「俺の動画、面白い?」と見せてくださる石松兄さんの、企画力が魅力的な動画チャンネルです。

https://www.youtube.com/channel/UCajeB5UJUDm186UHcOs7uXA

 

ネットでじゃくったれ

動画ではなく、桂雀太兄さんと落語作家の今井さんが日常のあれこれを喋るネットラジオ。最近は公開収録もしてはります。

https://www.youtube.com/user/50446060

 

桂あおば

上方ルーキーズ(2020.3.28現在)と言うアイドルグループに所属しており、メンバーと共に自分たちの出演した番組を視聴しながら、ライブで反省したりしている。と思う。

https://www.youtube.com/channel/UCOkRrlsDronN0FZAHGR_xbA

 

『おはなしの館「ムーンパレス」』月亭太遊

なんか喋ったり、落語したりの映像。

https://www.youtube.com/channel/UC6APRCJ5biGvuOknkyWvUpA

 

笑福亭笑利

なんか、コロナ倒してる映像。

https://www.youtube.com/channel/UCMA9TU9Ifd5tdbRjTDS9DEw

 

桂和歌ぽん

毎日「いつも元気にわ〜かぽんぽん」と。

https://www.youtube.com/channel/UCc3DEIuUhydPCWcGGBBm7tw

 

千鳥亭月曜お昼寄席

千鳥亭お昼席の様子。

https://www.youtube.com/channel/UCM7TiGr7CZsBmszLQYUpALg

 

林家染八

いろんな落語会をライブ配信している模様。

https://www.youtube.com/channel/UCnnSzWDlksW8FmbSMjQZ6IA

 

露の新幸

自分のお店での落語会をライブ配信したり、音楽を流したり。

https://www.youtube.com/user/barsunandmoon

 

おまけ

林家けい木

東京の同期。けい木くんのyoutube

https://www.youtube.com/channel/UCP7NeFQ9IBGfbuvpw52Qy_Q

 

 

秋田ケーブルテレビCNA

月亭八斗改め、きり亭たん方兄さんが登場することがあるよ。

https://www.youtube.com/channel/UCftEVeRm0lWHVhotP1pX1Og

 

三遊亭ふう丈

寄席の芸人・アサダ先生のモノマネをするふう丈さんのツィッターです。個人的に、めっちゃ面白いと思ってます。

https://twitter.com/sanyutei_fj

 

と言うわけで、私は、尽くしても飽きられない女になるにはどうしたらいいのか等等を配信していければとか思っております。頑張るので、チャンネル登録お願いいたしますぅ。

https://www.youtube.com/channel/UCCXFzznopAeoa-bdZ6YiuUQ

 

笑福亭笑助  三年前からやってはった。尖ったショート落語をやってはります。

https://www.youtube.com/user/takeshi0918tube

ご列席賜り、ありがとうございました。

2月16日の初独演会ー落語披露宴ーにご列席賜りありがとうございました。

近頃のコロナ騒動で、人々の記憶からすっかり忘れ去られた感はありますが、2月16日の独演会に多数、ご来場ありがとうございました。

いや、ええねんで。ええねんで。エンタメって、向こう岸に渡るための一つの橋にすぎないと、私は思うので、また、新しい橋を作り続けるのみやなと思ってます。と言いつつ、ここでお礼を兼ねて振り返って見ると言うのは、コロナで仕事がなくなって暇になったからでもあります。いや、もともとなかったわけちゃいますよー。ほんまに!ほんまに!

しかし、今回、自分で自分を褒めるとするなら、師匠・文都に入門して、この10年やってきたこと、やりたかったことを全て盛り込んだ落語会にできたなぁと言うことですかね。

もちろん、「ああ、あのマクラちゃうかったな」とか「十年の間で一番好きなマクラにすればよかった(スパワールド天王寺の挨拶)」とか「(婚活の話の後)ま、こんなこと言いながら、実は、この4月で結婚することに…なりませんでした~!」みたいなんやり忘れたなぁとか細かい反省はありますが、今まで、あまり人に頼ることができなかった部分を頼ることができたり、「こんなこと言うてええんかな」とか考えて言えなかったことを言えてよかったと思います。

今まで、ミステリー落語会とかぐだぐだやと言われたことあったけど、そら、そうや!一人で台本書いて、一人で映像作って、映像再生して、その上で芝居して、落語して、なんなら太鼓も叩いとんねん!そら、ぐだぐだにもなるがな。みんな、一人でこんなけやってた私をもっと褒めてもええやろ、と思いましたが、今回はたくさんの方に協力していただきました。ありがたいです。

ほんま、All way together ですね。

エンディングVTRを作ってる時、入門から今までの十年を映そうと過去の写真を探していたら、たまたま、今はなき八聖亭での猫の日落語会の写真が出てきて、「そういえば、この時、福車師匠と初めてぐらいにちゃんと喋ったなぁ」とか「その時に、『こんな年齢で入門してきて、なんやねん?と、最初、思ってたけど、笛も鳴り物もちゃんとしてるし、俺は天使を認める。もし、そのことでなんか言うてくるやつ、お前を邪魔するやつがおったら俺にいいや』と言うてくれて、めっちゃ胸熱やったなぁ」とか「けど、そのあとの他の落語会で、私が前で喋ってる時、福車師匠、めっちゃでかい声で楽屋で喋ってはって、『あれ?もしかして、今、邪魔されてる?この場合、誰が福車師匠を殴ってくれるねん?』とか思ったなーと考えて、とりあえず、自分の写真フォルダを探しまくって、そのあとの写真を構成しました。

下記にアップしてみました。細くなったけど、前半、誰が映ってるか見てみて下さい。

そして、一番最後は福車師匠のご縁で始まった落語教室のみなさんとお囃子連の写真なので、過去から現在に繋がってたんです。(いや、誰がわかるねん)

一応、オープニングで歌ったCan you cerebrate?の「どうぞ、よろしくね」は、『夢の革財布』の「おめでとうさん」のあとに足したセリフ「これからもよろしゅう頼んます」に繋がってたんです。(ほんま、誰がわかるねん)

最初から最後まで披露宴を模しながら、過去から未来へ繋がる構成にしてましてん。

いや、もっと、褒めてくれてもええと思うねんけど…。そして検索に「月亭天使 結婚」か「月亭天使 文春」がくるようになってほしいねんけど。まだ、へたくそが出てくる!

あとオープニングで、「思い出から抜け出せずに佇んで」た客席で歌っていた私は、最後に、この世界から居なくなった友人の話をすることで前に進めました。つまり独演会自体が十年の軌跡でした。(そう、そんな壮大な構成やったんです…)

今、こんな風に、落語ができない状況ではあるし、笑いは健康に繋がるのかどうかはわからないですが、私はやっぱり、一瞬でなくなってもいいから、向こう岸に繋がる橋をこれからも作って行きたいなと思います。

そして、いつか、ドラマ『カルテット』で、ぜんぜん伏線じゃないのに伏線や!伏線や!とネットで盛り上がらせることのできる、坂元裕二さんみたいな脚本を持って、独演会をやりたいと思います。(いや、もう、普通の落語会するんちゃうかい)

最後に。師匠から届いた電報、めっちゃボケてくれてたのに紹介する時間がなくて申し訳なかったので、ここに写真を載せたいと思います。 

 

これ、なんぼするんやろう?

エンディング10年間の映像

 

皆さまのおかげで、私は十年も生きてこれました。これからもヨロシクね。