ここんとこの日々ー完ー

と言うわけで、あっという間に四月が過ぎ去っていました。
よく『一月は行く、二月は逃げる、三月は去る』言うけど、四月は知らん、言うぐらい、知らん間に過ぎ去ってて。

前回の記事で、変にお気を使わせてしまった皆様、申し訳ございません。けど、暖かいお言葉ありがとうございました(*´-`)
芸人たるもの死んでからも芸人たれ、という言葉がありますが(ほんまか)、お客様に舞台を楽しんでもらうには、やはりマイナスなことは言わん方がいい、と私も思います。
こないだの記事は、私、大変だったんやでぇと言うつもりのやなくて(実際、舞台に上がって喋ると、目の前のお客様に意識がいくので、色んなことは忘れて喋れるのです。というか、逆に思い出してしまうと喋れなくなるし)、そんな風に自分の気持ちを抑えて舞台で楽しそうにし、舞台を降りてからも誰にも言えない状態でいた時、ふと、「あ、なんか、今、ヤバイな」と思うことが多々ありました。
イメージは、でかい湖の上で、私一人ボートに乗って浮かんでいる感じ。周りには誰もいなくて静かで、湖は凪いでいる。多分、この湖はめちゃくちゃ深い。それを想うと身体が竦むし、もしかしたら、湖の主みたいなんがドワーっと出てきて、呑み込まれるんやないか、みたいな気もする。けど、それは確かじゃないし、今は特になにもないから、どうしようもないけど、なんかめっちゃ怖い、みたいな。
名越康文先生が「鬱というのは、車のアクセルとブレーキを同時に踏んでる状態」と書いていたけど、おー、もしかして、これか!と。
舞台では思い出さなくても、舞台から降りると思い出すし、でも、打ち上げでは水をさせないから言えないやと我慢→帰ってきてから色々と考え、毎日の稽古ができず、フラフラなままで舞台に上がる→高座を反省して、余計に落ち込む、のような日々でした。

それでも、私が、なんとか岸に戻らな!と思えたのはお客様が笑ってくださったり、応援してくれはったお陰なんですが、これ、もし会社で働いてて、こんな状態やったら、無理したり、友達とか誰にも言えなくて溺れたりするんちゃうやろか?と思いました。

だから、もし、ブレーキとアクセル踏んでるのに気づいたら止まってください。

もし、なんや知れん怖さを感じたら、急いで安全な場所に行ってください。

同じような気持ちで生きてる、同年代(いや同年代じゃなくても)、女性(いや、同性やなくても)が、もし居るとしたら、逃げていいし、いや、むしろ逃げよーぜ、ということが言いたくて、前回からの長い長い文章となりました。

信頼する友達や先輩方はいるけど、好きやからこそ、こんな面倒なこと言うてええんかなと思ってしまうのもわかるし、逆の立場で、なんで言うてくれへんかってん、と思うのもわかる。悩みに悩んで、ただ笑てくれてたらよかったなぁ、みたいなことから始まった今の生活なので、これからも、自分が落語会をやることで、誰かの、何かの足しになればいいな、とか。そんなことを記しておきたかったのです。

あと、もう一つ。
みんな、人間ドックは行ってくださいね。(年末の、湯豆腐と歌の会のテーマは、これでした)
見つからないこともある?
そんなん、わからんし、あとで、受けとけばよかった、と思うぐらいなら、受けた方がいいはず!

そして、私と生きのびて、できるだけ、一緒に笑ってください。

これからも、ヨロピク。

今年の、はなしか宝塚ファン倶楽部は、『風とともに去りぬ』。ベル・ワトリングを演じました。