わらい。

この、すうじつ、色々、相談したり、納得したり、よけーわからんようなったりしております。

いや。

そうか。

本人がつくった新作落語がめっちゃおもろいとか、古典落語の工夫がすげーとか、めちゃくちゃうまい!とかじゃなくても、ちょっと、アレがあーやったら、評価されるとか、そんなんがイヤなんだよな、

と。

だから、ぎゃくに、わかさも、かわゆさも、外見的な評価ポイントのないわたしは、良いもんみた系狙っていくよ。

ふだんは、しょーもねー新作つくりつつ。

だって、ああいうとこで、評価されるにはそこしかない気がする。

そんで、みんなにも効果がひろがるようにする。

あ、これは、ちゃんと、お笑いやろうとしているみんなのこと。よ。

20150921-233323.jpg